1週間分の子育て#126公開しました こちらから

妊活5(排卵検査薬)

スポンサーリンク

2017年7月から9月までのこと

何も考えないで3ヶ月間子作りに励んだけど、妊娠することはなく、妊活4ヶ月目からは市販の排卵検査薬を使ったタイミング法を始めることになった。

タイミング法を始めてわかったけど、今までのようなノープレッシャーな夫婦生活とは違って、大したことをしてるわけではないのにお互いに妊活をしてるという自覚が出てしまった。

このまま妊活を意識しすぎるあまり、焦りや不安で夫婦関係がギスギスしてしまうと良い結果に繋がることがない気がしたので、「いつか授かるから大丈夫」を二人の合言葉に今まで通りの、のんびりした気持ちで妊活に挑むことにした。

私たちが使ったのは薬局で売っている排卵検査薬で、検査薬に尿をかけると小窓に基準線と判定線の二本の線が出て、その線の濃淡で排卵日を判定するもので、生理予定日何日前から測定を始めて陽性が出るまで使い続けるというものだった。

毎日決まった時間に測定する必要があり、朝妻が出勤前に測定して陽性反応がでたら帰宅後にチョメチョメしていた。
続けている間いろいろ迷いもあったけど、まずは3ヶ月排卵検査薬の説明書通りに続けることにした。

結果のこと

2017年

7月 タイミング法→妊娠せず
8月 タイミング法→妊娠せず
9月 タイミング法→妊娠せず

検査薬の陽性反応に合わせてチョメチョメしてみたが、妊娠した気配は全く無し。
妻にも特に変化はなく毎月生理予定日が近づくと、いつも通りの特徴が出てくるので夫の勘がしっかりはたらいていた。
毎月「妊娠してますように」「今日の妻は様子が変だ」「生理かな?」「やっぱりな…」「次がんばろう」という繰り返しであっという間に3ヶ月が過ぎたけど、この時期は結果にこだわらずにダメでも次へ次へと気持ちを切り替えながらの妊活だった。


お金のはなし

2017年

7月 ¥3,542
8月 ¥3,542
9月 ¥3,542

検査薬の説明書通りに使用したので毎月一箱購入した。 

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!