1週間分の子育て#130公開しました こちらから

父の子育て絵日記 生後1ヶ月 38日目 母乳量とミルクの量

スポンサーリンク

妻は完母を目指しながら、今は混合で育てている。
私には母乳のことはわからないことばかりで、どうしても妻に任せきりになってしまう。

ミルクの量は、母乳の量や体重の日割りの増加量などから決めてるらしく、妻の性格からして細かく管理するのが得意だから、私は黙って従っておけば大丈夫。



それなのにミルクの量に口を出してしまった。

私としては、息子が最近の寝ない原因が腹が満ちていないからだと思い込んでしまって、ミルクの量を増やすことを提案した。
息子が寝ないで困っているのは妻も同じで、お腹が満ちていないということが絶対に違うとは言い切れないから、妻は私の提案を受け入れてミルクを増やすことにした。

その結果、おもいっきり溢乳した。

次のミルクでは、寝ない原因は量が足りなかったのではなく、量が多すぎてお腹がいっぱいだからだと言って、ミルクを減らすことを提案した。
結果は口をパクパクして足りなそう。

ミルクを増やそうが減らそうが寝ないことに変わりはなかった。

それどころか突然ミルクが増えたり減ったりして息子も戸惑っただろう。
私が調子こいてミルク量をいじったせいで、息子にとってはいい迷惑。

「今日はガッツリいきたいからミルク多めで」とか「今朝は一口だけでいいから」とか伝えられないから、成長させていく為に体重をしっかり把握してミルク量を決めているのに……

何もわかってないくせに中途半端に口を出すなと自分に言いたい。

そもそも寝ない原因が満腹具合という単純な理由だけなはずがない。
原因をさっさと見つけて解決したかったのだろう。

毎日息子のことを考えながら母乳とミルクをのませているのに、ミルク量の提案を受け入れた時の妻の顔を思い出す。
申し訳なかった。

私にできること……寝かしつけをがんばろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!