1週間分の子育て#129公開しました こちらから

283日目(追い込まれる)

スポンサーリンク

私がぎっくり腰で何もできなかった期間は、育児と家事の全てを妻に任せていた。

腰の状態が良くなり復帰すると、息子の離乳食の嫌がり方がぎっくり腰前と比べて、かなり激しくなっているように感じた。

そのことを私は成長としか考えていなかったけど、私が休んでる間で妻の体力は少しずつ削られていたらしく、この日の妻の顔を見て妻が追い込まれていることに気がついた。



毎日、どんなメニューなら食べてくれるか?栄養は大丈夫か?ということを朝昼晩と3回も考えて、作って、そして全力で拒否される。

今の息子の状況だと、離乳食と真面目に向き合えば向き合うほど苦しくなる状況で、しかも妻は何事も真面目にやるタイプの人、育児ノイローゼまではいかないけど流石に疲れている。



こんな時こそ、よく耳にする良い夫エピソードの「子供のことは任せて外で自由な時間を過ごしておいで」作戦を実行してみた。



これがなかなか効果的なようで、1時間も経たないうちに帰宅したにもかかわらず、妻の顔に笑顔が戻っていた。
息子から離れて一人の時間が少しあるだけでも、気分は変わるらしい。


ただ、妻が追い込まれるほど息子の意志が伝わってきている。
育児が今までとは変わってきているような気がした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!