1週間分の子育て#129公開しました こちらから

211日目(薄れる父の存在感 焦るきもち)

スポンサーリンク

私の体の不調は回復しつつある。
とはいっても、相変わらず育児、家事とも私の出番は減っていて、お風呂もおむつ替えも、ミルクも抱っこも、毎日当たり前のようにやっていたことをやれていないからなのか、父としての存在感が日に日に薄れてきていて、もはや自分でも見つけ辛くなってきた。


この状況に少しいじけている。そして、かなり焦っている。

というのも、最近の息子は人見知りが始まった疑惑があるからで、育児と家事に参加できない状態が長引くことによって存在感が無くなった父のことなど忘れてしまい、「母親以外親と思わず」なんてことになったらと考えてソワソワしてしまう。

そんな時にチャンスがやってきた。
妻に予定があり出かけることになったので、その間は息子と二人だけで過ごせる。
薄れた存在感を取り戻すのはこのタイミングしかないだろう……

薄くなった父の存在感、始まったかもしれない息子の人見知り、体の不調のさらなる悪化、そんなことが頭をよぎる中で息子と遊んでいると、なんだか今までより笑ってくれなくなったように感じた。
しかも私を見ても、どこか上の空な感じのつまらなそうな表情をしている。


このままでは大切なものが失われる気がした。
体の不調はまだ完治してないけど、後のことなど考えていられない。


何も気にもせずに必死で遊んだ。
息子がたくさん笑ってくれる。

嬉しくなって、さらに無理して全力で遊んだ。
すごい笑う。
もはや何が面白いのかわからないほど、何をやっても笑ってくれる。

すると、妻が帰ってきた。


それを見て妻は笑っていない。
無理して遊んで体の不調が長引いたらどうするのかと言われた。

私が不調で休んでる間、育児も家事も一人でやってくれてる。
ごめんなさい。早く治します。

でも、息子との距離が戻ったからこれで安心して休養できる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!