1週間分の子育て#126公開しました こちらから

229日目(意地でも寝ない 遊ばせろ)

スポンサーリンク

最近はじまった息子と二人きりの時間は、妻のフォロー無しでは困ることもあるけど、今のところは男同士で楽しくやれていると思う。

ただ、お昼寝だけは毎回苦戦していて、その原因のほとんどが息子の寝つきの悪さからきていると思う。
それにしても、どうしてこんなに寝つきが悪いのだろう。
生活のリズムも一定になるように気をつけているし、昼間はできるだけ遊ばせているのに、寝かしつけ問題は新生児の頃から解決していない。

ところが、寝つきが悪い反対に寝起きはかなり良い。
朝起きた時も、夜中に起きちゃった時も、どこで寝ていても起きた瞬間に寝返り打って動き出している。
心配になる程の起きたてほやほやで動き出す。
たぶん、目が開いたと同時に動いてると思う。

しかも、動き出してから泣きだすので、息子が目覚めたことに気付いた時には完全に目が覚めてしまって、もう一度寝かしつけるのに苦労することもある。


今日の昼寝も苦戦したけど、いつもの寝つきの悪さではなく寝起きの良さが原因だった。

珍しく、すんなり寝付いてくれたと思ったのに、10分も経たないで目覚めててしまった。
さすがに起きるのが早すぎる。

動き出して完全に目が覚める前に、もう一度寝かしつけてあげようとしたら、息子自身も眠かったのか動きが鈍い。

いつもなら1歩、2歩とずり這いを始めているところなのに、ずり這いを1歩、2歩……顔の重さに耐えられずに、そのままうつ伏せで力尽きてしまった。

まだまだ眠そう。これなら再び寝かしつけるのも簡単かも。

もう一度、寝かしつけてみると背中がついた瞬間にくるっと寝返りをうって、ずり這いで1歩、2歩……

そして顔から崩れ落ちる。

安心して寝ていいよ……後でゆっくり遊べるから。

もう一度寝かしつけるけど、背中がついた瞬間に、クルっ。

そして、1、2……ぐてん。

頑張らなくていいのに。
その方が私も助かるんだけどな……

それにしても、そんなに遊んでいたいのね。

もしかして、寝起きが良い理由も、悪い理由も”遊びたい”が原因か。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!