1週間分の子育て#126公開しました こちらから

父の子育て絵日記 生後1ヶ月 53日目 出産内祝いの難しさ

スポンサーリンク

出産内祝いを送った。

こういう時に誰に何を送るか迷う。
それぞれの好みや、家族構成など考えると、なかなか決められなくなる。

とはいっても、我が家では内祝いのような「ちゃんとしなければいけない系のこと」は、きちんとした社会生活を送ってきた妻の担当になっているので、私はカタログをみながら商品についてあれこれ言ってるだけの気楽な立場なので結構楽しい。

私が「ちゃんとしなければいけない系のこと」の担当でない理由がもう一つあって、品物を選ぶセンスに問題ある。
そのことは自分でも自覚しているので、今回も私の一押しの品物は口に出さずに心の中に閉まったまま、品物は妻が選んで無事に手配が完了した。

とはいっても、ちょっと心残りはある。

私の一押しの品物は心にしまっておいたけど、子供が生まれた時以外でその品物にお目にかかることは無いかもしれない。

そもそもこれが送られてきたら困るのか……カタログでは目立つ場所で特集されてるくらいだし、需要はあるはずだ。
でも、出産内祝いがこれでいいのか、こっちのおめでたさの押し売りのような気もするし……でも、見てみたかったな。

「名入れの品」

諦めきれずにモヤモヤしてる。
一生に一度の息子の誕生記念に自分宛なら誰にも迷惑かからないからいいかな……

妻に相談しようか悩んでいたら、妻から「名入れのカステラを私たち用に注文しようと思うけど」だって……
マジか?
「お願いします。」



妻と結婚してよかったと思う瞬間。

でも、センスに期待して「ちゃんとしなければいけない系」の担当を妻に任せているけど、名入れの品を欲しがるあたり、妻のセンスは大丈夫なのか。
しかも名入れのカステラって、数ある名入れの品の中でも、躊躇なくど真ん中を選択できるとは……

今まで名入れの品を誰からも貰ったことがないけど、世間的にはどうなんだろう。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!